Facebook

SNSで共有

ホーム » Posts tagged with » 日本軍性奴隷問題(「慰安婦」問題)

性奴隷被害者証言研究を報告/バウラック総会シンポ

性奴隷被害者証言研究を報告/バウラック総会シンポ

「問う」から「聴く」へ 2018年度VAWW RAC(「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター)総会シンポジウムが9月30日、在日本韓国YMCA(東京都千代田区)で行われ、ソウル大学法学専門 [...]…

南政府が拠出金10億を補填/南・日「合意」

南政府が拠出金10億を補填/南・日「合意」

“和解・癒やし財団の解散を”/ 正義連が論評 南朝鮮政府は、日本軍性奴隷制問題をめぐる南・日「合意」(2015年12月28日)に基づいて日本政府が拠出した10億円を、国庫から補填することに決めた。 こ [...]…

南で「正義記憶連帯」発足/挺対協、正義記憶財団が統合

日本軍性奴隷制問題の解決を 南朝鮮で「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)が11日、結成された。正義連が16日、報道資料を通して明らかにした。 正義連は、これまで28年間にわたり日本 [...]…

日本軍性奴隷制被害を告発する書、出版記念シンポひらかれる

日本軍性奴隷制被害を告発する書、出版記念シンポひらかれる

“事実の捻じ曲げは誤報訂正とはいわない” ジャーナリスト・今田真人氏の著書「極秘公文書と慰安婦強制連行」の出版を記念して、シンポジウム「終わらない『慰安婦』問題」が6月22日、東京都豊島区のIKE B [...]…

悲惨な歴史、繰り返さない/「希望のたね基金」設立1周年記念シンポジウム

悲惨な歴史、繰り返さない/「希望のたね基金」設立1周年記念シンポジウム

日本軍性奴隷制問題の解決を目指した一般社団法人「希望のたね基金」(キボタネ)設立1周年記念シンポジウム「今、よみがえる公文書~記憶し、つなげる日本軍『慰安婦』問題~」が9日、早稲田大学で行われ、約13 [...]…

フィリピン、日本軍性奴隷制被害者碑撤去/日本政府の圧力か

フィリピン、日本軍性奴隷制被害者碑撤去/日本政府の圧力か

“女性の尊厳、売り渡す行為” フィリピンの首都マニラで、昨年12月に建立された日本軍性奴隷制被害者を記憶するための碑が4月27日夜、撤去された。 この碑は、歴史的な記念物の設置に関わる政府機関「フィリ [...]…

「慰安婦」ハルモニたちへ馳せる思い/4.23アクションで

「慰安婦」ハルモニたちへ馳せる思い/4.23アクションで

“1ミリもぶれてはいけない” 4月22〜23日の2日間で約400人が足を運び盛況を収めた2018年4.23アクション(主催・在日本朝鮮人人権協会性差別撤廃部会)では、日本軍性奴隷問題に関するパネルおよ [...]…

4.23アクション、400人が参加/“いま、日本軍性奴隷問題と向き合う”

4.23アクション、400人が参加/“いま、日本軍性奴隷問題と向き合う”

2018年4.23アクション「いま、日本軍性奴隷問題と向き合う~被害者の声×アート~」(主催=在日本朝鮮人人権協会性差別撤廃部会)が22日と23日、ブレヒトの芝居小屋(東京・練馬)で行われ、2日間で約 [...]…

性奴隷制被害者のアン・チョムスンさん死去/生存者は29人に

明るく闘い抜いた生涯 韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)によれば、日本軍性奴隷制被害者のアン・チョムスンさんが3月30日午前10時、永眠した。91歳だった。 1928年、ソウル麻浦で生まれたアンさんは [...]…

第15回日本軍性奴隷制問題解決のためのアジア連帯会議/ソウルで開催

第15回日本軍性奴隷制問題解決のためのアジア連帯会議/ソウルで開催

日本の犯罪事実認定と法的賠償を要求 南のメディアによると、「第15回日本軍性奴隷制問題解決のためのアジア連帯会議(主催・韓国挺身隊問題対策協議会)が7日から9日にかけて、ソウルで開かれた。 92年にソ [...]…