Facebook

SNSで共有

회원제안내
主要ニュース
絵画を通じて心通わせ/10年目迎えた平壌ワークショップ

絵画を通じて心通わせ/10年目迎えた平壌ワークショップ

【平壌発=金淑美】今年も朝鮮学校に通う児童らと平壌の児童らがともに絵を描くワークショップが、8月22、23日、平壌市内にある平壌綾羅小学校と平壌長慶小学校で行われた。平壌ワークショップは、「南北コリア [...]…

国連人権委 法規制など厳しい勧告/〝ヘイトスピーチは暴力、醜い差別〟

国連人権委 法規制など厳しい勧告/〝ヘイトスピーチは暴力、醜い差別〟

国連人権委員会による対日審査の最終見解が29日に公表された。勧告では、日本で行われている在日外国人に対するヘイトスピーチ、デモなどといった排外主義者たちによる差別行為を取り締まる法規制を促す文言が盛り [...]…

〈関東大震災91周年〉朝鮮人犠牲者追悼式-千葉-

〈関東大震災91周年〉朝鮮人犠牲者追悼式-千葉-

繰り返されてはならぬ、虐殺の歴史 「関東大震災91周年朝鮮人犠牲者追悼式」(主催=総聯千葉県西部支部)が1日、千葉県船橋市立馬込霊園内の「関東大震災犠牲者同胞慰霊碑」前で行われた。 追悼式には、総聯中 [...]…

〈平壌プロレスリング国際競技大会〉初訪朝の選手ら、市民とスポーツでふれあう

〈平壌プロレスリング国際競技大会〉初訪朝の選手ら、市民とスポーツでふれあう

「平壌は優雅で美しい街」「歓迎の気持ち伝わった」 【平壌発=金淑美】平壌プロレスリング国際競技大会(8月30,31日)に参加した21人の選手らは全員、平壌を訪れるのは初めて。大会を前後して、猪木氏ら一 [...]…

FCコリア、全国社会人選手権に出場/和歌山で9月27日に1回戦

FCコリア、全国社会人選手権に出場/和歌山で9月27日に1回戦

同胞の声援を背に優勝を JFL昇格を目指すFCコリア(関東社会人リーグ1部)が9月27日~10月1日にかけて和歌山県で行われる「第50回全国社会人サッカー選手権大会」(全社)に出場する。同大会は、全国 [...]…


運動,生活

〈関東大震災91周年〉東京同胞追悼会

〈関東大震災91周年〉東京同胞追悼会

日本当局は虐殺の真相究明を 関東大震災朝鮮人虐殺91周年に際する東京同胞追悼会が1日、墨田区の東京都立横網町公園内にある関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑前で行われた。 総聯中央の朴久好副議長、総聯東京都本 [...]…

国連人権委 法規制など厳しい勧告/〝ヘイトスピーチは暴力、醜い差別〟

国連人権委 法規制など厳しい勧告/〝ヘイトスピーチは暴力、醜い差別〟

国連人権委員会による対日審査の最終見解が29日に公表された。勧告では、日本で行われている在日外国人に対するヘイトスピーチ、デモなどといった排外主義者たちによる差別行為を取り締まる法規制を促す文言が盛り [...]…

〈関東大震災91周年〉朝鮮人犠牲者追悼式-千葉-

〈関東大震災91周年〉朝鮮人犠牲者追悼式-千葉-

繰り返されてはならぬ、虐殺の歴史 「関東大震災91周年朝鮮人犠牲者追悼式」(主催=総聯千葉県西部支部)が1日、千葉県船橋市立馬込霊園内の「関東大震災犠牲者同胞慰霊碑」前で行われた。 追悼式には、総聯中 [...]…

〈関東大震災91周年〉埼玉・常泉寺で追悼式

〈関東大震災91周年〉埼玉・常泉寺で追悼式

悲惨な歴史を後世に伝え 関東大震災が発生した91年前、甚大な被害を被った埼玉県でも、多くの朝鮮人が日本の軍、官憲、民衆らによって虐殺された。1日、総連埼玉・中部支部主催で、さいたま市見沼区にある常泉寺 [...]…

祖国,情勢

総聯弾圧、朝鮮学校差別を非難/朝鮮中央通信社論評

朝鮮中央通信は1日、「総聯抹殺策動の結果について熟考すべきだ」と題した論評を配信し、日本政府の総聯弾圧や朝鮮学校に対する差別的な取り扱いを非難した。 論評は、ジュネーブで行われた国連人種差別撤廃委員会 [...]…

「東アジア市民連帯」スタート集会/来年の8.15に向け、国際連帯運動を展開

「東アジア市民連帯」スタート集会/来年の8.15に向け、国際連帯運動を展開

“東アジアの平和に向けた一歩を!” 「戦後70年―新しい東アジアへの一歩へ! 市民連帯スタート集会」が8月27日、東京・千代田区で行われ、日本の各界の市民団体の代表やメンバー、総聯中央・徐忠彦国際統一 [...]…

【資料】朝鮮民主主義人民共和国の観光政策―概要・現況・展望―について

【資料】朝鮮民主主義人民共和国の観光政策―概要・現況・展望―について

観光立国めざし躍進する朝鮮/㈱中外旅行社 社長・韓正治 はじめに このたび、北東アジア国際観光フォーラムおよび(社)東北亜観光学会主催による「北東アジア国際観光会議」において、朝鮮観光について発言する [...]…