Facebook

SNSで共有

国連事務次長の訪朝

米南空軍が核戦略爆撃機を投入して過去最大規模の合同軍事演習を行っている最中に、国連のフェルトマン事務次長が訪朝した。朝鮮側は、国連の公正性に関する従来の主張を繰り返し、その実践を求めたはずだ春夏秋冬

▼朝鮮の「核武力完成」宣言後、局面転換を探る動きが表面化している。フェルトマン事務次長の訪朝を機に、朝鮮と国連事務局は、様々なレベルの往来を通じた意思疎通の定例化について合意した。国連のグテーレス事務総長も、今回の事務次長訪朝について、朝鮮半島情勢を制御不能にさせないために対話の枠組みが必要だと述べたという

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)