Facebook

SNSで共有

〈平昌五輪〉北南同胞と共に描いた「統一」/総聯同胞応援団の感想

2月9日から25日にかけて開催された平昌冬季オリンピックでは、開会式の北南選手の合同入場や女子アイスホッケー単一チームの結成など、北南の和解と団結を示す感動のシーンが広がった。

一方、在日同胞たちも第1次(8~12日)、2次(11日~15日)、3次(23日~27日)に分け、南朝鮮を訪問。民族の慶事であるオリンピックに駆け付けた同胞たちは現地での応援活動や北南の同胞たちとの交流を通して、在日同胞の統一への熱い思いを伝え、北と南がひとつになる未来に胸を膨らました。

第2次総聯同胞応援団

2月11日、金浦空港に降り立った第2次総聯同胞応援団が目撃したのは、「モンダンヨンピル」と「6.15共同宣言実践南側委員会」をはじめとする南の同胞たちの手厚い歓迎だった。

在日同胞を南の同胞たちが温かく迎えた(11日、写真はいずれも康英鶴)

朝青北海道本部の呉慶俊さん(25)は「はじめての訪南ということもあり、喜びと言うよりも緊張と不安の方が大きかったが、統一旗を振りながら『われらの願いはひとつ』を歌い、温かく迎えてくれる南の同胞たちの姿を見た瞬間、安心感が広がった。祖国は分断されているが、統一を願う心はひとつなんだと強く感じた」と語る。

在日同胞たちと交流の深い南の朝鮮学校支援団体「モンダンヨンピル」のメンバーは、これまで日本を訪問するたびに在日同胞たちの手厚い歓迎を受けてきた。今回、在日同胞たちが南の地を訪れることを知り、南でも朝鮮学校を支援し、在日同胞たちに思いを寄せる多くの人がいるということを伝えたいと空港に駆け付けたという。

第2次総聯同胞応援団は、滞在期間中、女子アイスホッケー単一チーム対スウェーデン戦(12日)とフィギュアスケートペアショートプログラム(14日)を観戦した。

アイスホッケーの試合が行われた江陵の関東ホッケーセンターでは南北合同応援団による力強い応援が行われた。北側応援団の「ウリヌン!(私たちは)」の掛け声に、「ハナダ!(ひとつだ)」と呼応する南側応援団。

朝青京都西陣支部の

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)