Facebook

SNSで共有

〈人物で見る日本の朝鮮観〉永井荷風

永井荷風(1879~1959)は小説家にして随筆家である。東京・小石川で父久一郎、母恆の長男として生まれた。荷風は「あめりか物語」「ふらんす物語」などで名を挙げ、「深川の唄」「すみだ川」などを次々に発表し、明治末期にはすでに文壇に確固たる地歩を築いた。大正に入ってからは、「腕くらべ」や「おかめ笹」などの代表作を発表し、大いに文名を高めることになる。その荷風の朝鮮認識をみようとするのだが、荷風は小説ではほとんど朝鮮に触れていない。だが随筆、または日記などでは触れているので、これにより荷風の朝鮮観をみることにしたい。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)