Facebook

SNSで共有

ホーム » Archives by category » コラム

〈取材ノート〉時差6時間の吉報

〈取材ノート〉時差6時間の吉報

昨年の暮れのこと。カーリーヘアに、赤いキャリーバッグをまるで身体の一部のように軽やかに引きながら高遠菜穂子さんは現れた。…

〈ようこそ!朝大・朝鮮自然ミュージアム 55〉スルメイカ

〈ようこそ!朝大・朝鮮自然ミュージアム 55〉スルメイカ

本種がおなじみの「ナッチ」である。朝鮮語の「ナッチ」は「イカ」類の総称ではなく「スルメイカ」をさす。新潟沖に停泊中の「マンギョンボン92」号で夜、船員たちがナッチをどんどん釣り上げて乗客たちに振舞うこ [...]…

〈ピョンヤン笑顔の瞬間 100〉スキー上達に誇らしげな笑顔

〈ピョンヤン笑顔の瞬間 100〉スキー上達に誇らしげな笑顔

2013年12月にオープンした馬息嶺スキー場(江原道)。 広いゲレンデでは家族連れや旅行者たちが歓声をあげながらスキーを楽しんでいた。 インストラクターにスキーの基礎を学ぶ男の子の姿が。 上達していく [...]…

〈人・サラム・HUMAN〉女性同盟生野西支部副委員長、金剛山歌劇団全国後援会副会長/許敬子さん

〈人・サラム・HUMAN〉女性同盟生野西支部副委員長、金剛山歌劇団全国後援会副会長/許敬子さん

“歌劇団は私たちの宝物” 今月5日に女性同盟生野西支部が行った「金剛山歌劇団ディナーコンサート」。目の前に広がる迫力満点の公演に観客も大満足だった。そのコンサートの実行委員長を務めた。 取材を申し込む [...]…

〈ようこそ!朝大・朝鮮自然ミュージアム 54〉コウイカ

〈ようこそ!朝大・朝鮮自然ミュージアム 54〉コウイカ

「イカ」は我々の食生活に欠かせない生き物だろう。軟体動物門頭足綱のうち腕が10本あるグループだ。いわゆる「イカ」に値する言葉が朝鮮にはないようだ。本種コウイカは「オジンオ」。朝鮮で獲られるコウイカの体 [...]…

〈人・サラム・HUMAN〉朝青岡山県本部委員長/洪直樹さん

〈人・サラム・HUMAN〉朝青岡山県本部委員長/洪直樹さん

30歳で独立、朝青県本部委員長に 「自分からめんどくさいことに首をつっこんでいくタイプ」だったからか、岡山県商工会勤務の時から朝青員として誰より積極的に活動した。そして7年前、26歳で朝青岡山支部委員 [...]…

〈みんなの健康Q&A〉酸蝕症について

虫歯じゃなくても歯が溶ける?! Q 虫歯以外に、炭酸で歯が溶けるという話を聞いたのですが、本当ですか? A 近年、むし歯、歯周病に次いで第三の歯の疾患として「酸蝕症(ルビ=さんしょくしょう)」が問題視 [...]…

〈ようこそ!朝大・朝鮮自然ミュージアム 53〉ケガニ

〈ようこそ!朝大・朝鮮自然ミュージアム 53〉ケガニ

朝鮮語で「トルケ」。朝鮮名、日本名ともにその特徴をかたる。殻には棘がある上、固い毛が全身に生えている。背面の殻の縁に7つのトゲが並んでいるのが特徴。歩脚(足)、鋏脚(ハサミ)ともに鋭いトゲが並んでおり [...]…

〈取材ノート〉“ハッキョのため、それしかない”

〈取材ノート〉“ハッキョのため、それしかない”

はじめて行く地に心が揺さぶられ、はじめて会う人々に感動をする。 繰り返し行く地ももちろんだが、一度も訪ねたことのない場所へ行くときの緊張感というものは何度味わっても特別なものがある。 11月初旬、出張 [...]…

〈それぞれの四季〉“縁に感謝して”/金仙喜

世の中にはさまざまな「縁」がある。近頃、私の周りでは「結婚適齢期」であるせいか結婚と出産の話で持ち切りだ。 そこで必然と人の「縁」についてより深く考えるようになった。 周りをみていると、人はみな出逢う [...]…