Facebook

SNSで共有

北、南、海外が集結/平壌で10.4民族統一大会

平和と繁栄、統一新時代へ

【平壌発=姜イルク】10.4宣言発表11周年を記念する民族統一大会とその関連行事(4日~6日)が北と南、海外の代表らの参加の下、平壌で開催された。

10.4宣言発表11周年記念民族統一大会が行われた

大会の開催は、歴史的な「9月平壌共同宣言」に明記された事項であり、宣言実践のための措置となる。大会では、朝鮮半島の平和と繁栄、統一を成し遂げようという全同胞の一貫した志向と意志が確固たるものであるということが再確認され、板門店宣言と「9月平壌共同宣言」を徹底的に履行し、平和と繁栄、統一の新たな歴史を描いていくことを全同胞に力強く呼びかけた。

2007年に「北南関係発展と平和繁栄のための宣言」(10.4宣言)が発表された後、南に保守政権が発足したことで、10.4宣言発表を記念する民族共同行事は一回も行われることがなかった。今大会は、4.27板門店宣言時代を迎え、10.4宣言発表から11年ぶりに、はじめて北と南、海外が一堂に会し開催する意義深い行事となった。

5日の夜には、メーデースタジアムで大マスゲームと芸術公演を観覧した。

行事に参加するため、南側からは趙明均統一部長官、共に民主党代表である盧武鉉財団の李海瓚理事長、6.15共同宣言実践南側委員会の李昌馥常任代表議長をはじめ、宗教人、文化芸術人など民間団体の人士らで構成された160人規模の代表団が平壌を訪問した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)