Facebook

SNSで共有

再度、中長距離弾道ロケット発射訓練/金正恩委員長が指導

「火星12」型の戦力化を実現

朝鮮中央通信によると、15日、金正恩委員長が中長距離戦略弾道ロケット「火星12」型発射訓練を再度、指導した。

今回の訓練は、朝鮮に対する軍事力使用を騒ぎ立てる米国の好戦性を制圧し、迎え撃つための攻撃と反攻撃作戦の遂行能力を強化、核弾頭取り扱い秩序を点検し、実践的な行動手順を確定する目的で行われた。

発射された弾道ロケットは、予定された飛行軌道に沿って北海道上空を通過、太平洋海上の目標水域に着弾した。

金正恩委員長は、「火星12」型の性能と信頼性が検証され、戦力化が実現されたと評価。朝鮮の最終目標について、「米国と力の均衡を取り、米国執権者から朝鮮に対する軍事的選択などの戯言が出ないようにする」と述べ、軍事的攻撃能力を高めていくとした。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)