Facebook

SNSで共有

金剛山歌劇団東京公演/約1000人が観覧

素敵な公演に来れて幸せ

観客を魅了した群舞「沈清伝」

金剛山歌劇団東京公演が22日、東京・北区の北とぴあで行われた。 総聯中央の許宗萬議長、総聯東京都本部の趙一・(「行」の間に「冫」)委員長をはじめとする同胞たち、花川與惣太(はなかわ よそうた)区長をはじめとする日本の観客たち約1000人が鑑賞した。

今年の巡回公演テーマは「Korean ルネッサンス」。オープニングを彩った映像からは、中世朝鮮時代に創造された金属活字、訓民正音、景福宮勤政殿などの民族遺産が浮かび上がり、観客を公演の世界へ誘った。またオーケストラ・ピットから聞こえるBGM、アリランの音色がそれを一層引き立てた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)