〈民族教育と朝鮮舞踊 1〉舞踊教育の意義と役割


連載「民族教育と朝鮮舞踊」は月1回掲載します。朝鮮学校において大きな位置を占める朝鮮舞踊。その発展のために長年努めてこられた朝鮮大学校舞踊教育研究室の朴貞順室長が自身の体験と実践を通して、民族教育における朝鮮舞踊の役割と意義についてつづっていきます。

一昨年、私は朝鮮大学校での44年にわたる専従教員を定年退職し、朝鮮大学校舞踊教育研究室室長および非常勤講師として引き続き舞踊科目の授業と舞踊部指導講師としての活動を始めた。朝鮮学校での民族教育はもちろんのこと、朝鮮舞踊を通して行われる舞踊教育の役割と意義については感慨深いものがある。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ