Facebook

SNSで共有

〈ウリハッキョサポーターの課外授業 5〉朝鮮地理編/無煙炭とコークスについて

平安南道にある順川地区青年炭鉱連合企業所の2.8直洞青年炭鉱での採掘作業(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

君たちはコークス(cokes)って知っているかな?

コークスとは、石炭を1200℃前後で蒸し焼き(乾留、かんりゅうという)にして作るとても硬い石ころのような個体だ。鉄や鉛などさまざまな金属を精製する冶金工業においてなくてはならない物資だ。金属だけではない。セメントの主原料である石灰石や粘土、マグネシアクリンカーの原料であるマグネサイトを焼成するのにもコークスを使う。

コークスは石炭を蒸し焼きにして作ると書いたけど石炭ならなんでもいいというわけではない。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)