Facebook

SNSで共有

異国に眠る魂への祈り、今も/高知・朝鮮国女の墓

高知・上川口ではゆっくりと時間が流れていた

高知駅から土佐くろしお鉄道中村線の特急でおよそ2時間。土佐上川口駅(黒潮町)の無人駅を降りて北側のガードをくぐると、左手に墓石群が見えてくる。人通りも少なく、野鳥の鳴く声がする静かな山の中。最も手前にその墓はあった。苔むした墓には「朝鮮国女墓」と刻まれている。異国の地で果てた朝鮮の女性をめぐる秘話は、400年前までさかのぼる。

供養を続ける理由

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)