Facebook

SNSで共有

「豊山犬品評会」

1930年代後半、両江道のダム建設に動員された朝鮮人労働者がストライキを起こしたときのこと。日帝はシェパード2匹を放して労働者たちを次々と襲わせた。ところが、誰かが放った豊山犬2匹が現れてシェパードとの決闘となり、結局シェパード1匹は倒れ、もう1匹は逃げた。これを機に豊山犬の気質を知った日帝は大量に略奪していった…春夏秋冬

▼国内メディアが紹介したこの逸話のように、豊山犬は優れた猟犬で、朝鮮の国犬、国の天然記念物に定められている。黄海北道沙里院市では14年から毎年4月、純血種の保存、増加を目的に「豊山犬品評会」を開催。第6回目となる今年は、畜産・動物学部門の科学者、豊山犬を飼っていたり飼うことを希望する人など、過去より多く参加したという

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)