Facebook

SNSで共有

リーグ優勝とJ2昇格に貢献/J3・FC琉球同胞選手、監督

沖縄に新たな歴史刻む

左から朴一圭選手、朴利基選手、金成純選手、金鍾成監督

2018年のJ3リーグでは沖縄のFC琉球がクラブ創立15年、J3参入5年目にして初めてJ3優勝とJ2昇格を果たした。通算成績は20勝6分6敗で勝ち点66。2位に勝ち点9差をつけ、J3史上最速のスピードで優勝テープを切った。チームには就任3年目の金鍾成監督(54)、主将の朴一圭選手(28、GK)、朴利基選手(26、MF)、金成純選手(22、MF)ら同胞たちが所属している。全員が朝高、朝大卒業生だ。沖縄の地で夢を追い求める彼らの歩みをたどった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)