Facebook

SNSで共有

労働者階級の底力

スタンドの一角に突如浮かび上がった「ウリヌンハナ」(われらは一つ)の巨大な文字。「統一サッカーソウル市民サポーターズ」によるカードセクションは会場全体をあっと驚かせた。「聞いてないよ!」と、隣りにいた大会の公式カメラマンも慌ててシャッターを切った春夏秋冬

▼ソウルで3日間にわたって行われた北南労働者統一サッカー大会は、選手らの善戦もさることながら南の労働者、市民らの組織立った応援や手厚い歓迎、サポートは、平昌五輪のそれとはまた一段違う、板門店宣言発表後の南社会の統一機運を感じさせるものだった。焼けつくような暑さの中、北の代表団の到着を隊列をなして待ち、たった数分の出会いに歓喜し、涙した。一つひとつに統一旗のステッカーが貼られた差し入れの小包は、報道陣にも届けられた

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)