Facebook

SNSで共有

内閣総理大臣への要請書を発表/日朝学術教育交流協会・千葉ハッキョの会合同訪朝団

日本の独自制裁の解除求める

日朝学術教育交流協会第11次・千葉ハッキョの会第3次合同訪朝団(8月3~10日、15人)が8月27日、安倍晋三内閣総理大臣への「朝鮮民主主義人民共和国に対する日本の独自制裁を速やかに解除することを求める要請書」を発表した。

要請書では北南首脳会談、朝米首脳会談は朝鮮半島、東アジアの平和にとって大きな、そして歴史的な一歩を踏み出した、日本にとっても歓迎すべき出来事と指摘しながら、日本の独自制裁の解除と施策の転換を次のように求めた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)