Facebook

SNSで共有

名誉教授の記念講演

半世紀以上もの間、教育者、科学者として愛族愛国事業に携わってきた朝鮮大学校第4代学長である張炳泰名誉教授。13日、同校で行われた記念講演で、自身の生涯を振り返った春夏秋冬

▼京都大学工学部工業化学科を経て同大学院を卒業した70年から朝大理学部で教鞭を取り、90年から理学部長、99年から理工学部長、01年から今年3月まで学長を務めた。これまでC1化学や光電気化学などに関する数十篇の論文と技術資料を世に出している。若い頃、祖国の科学者、とくにビナロン発明者の李升基博士の前で講演した時の感動と喜びをいきいきとした表情で述べた。民族の発展に貢献できる科学を追求するようになった逸話についても熱く語った

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)