Facebook

SNSで共有

“高らかに叫ぶ、朝鮮人の自分を”/留学同東海総合文化公演「青い声」、初の単独開催

留学同東海総合文化公演2018「青い声」が3月24日、名古屋市のナンジャーレで行われた。総聯愛知県本部の徐春元委員長、朝青愛知県本部の金英起委員長、留学同東海の卒業生をはじめとする同胞、日本市民ら約60人が観覧した。留学同東海単独での文化公演は今回が初めての試みだった。

歴史、情勢、政治などが複雑に絡まり合う昨今の社会的状況の中で在日朝鮮人は「何かを問われる」ことばかり。自己否定感を拭いきれず、留学同の活動にも「不器用な叫び」や「不器用な青春」が溢れている。青臭いと棄てられていったもの、古いと丸めこられた思いを「声」にして社会に投げかけたい。そんな気持ちから留学同東海の文化公演が催された。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)