Facebook

SNSで共有

〈ウーマン・ヒストリー〉心を震わせる魂の言葉たちに打たれて/連載を終えて

「女性不在の進歩などありえない」

先日(2月22日)、朝鮮大学校では学生たちによって、故・宋神道ハルモニの四十九日にドキュメンタリー映画「オレの心は負けてない」(07)の上映会が行われた。私は10年ぶりにこの映画を鑑賞したのだが、その衝撃は、学生時代とはまるで違うものであった。率直で闊達、したたかなハルモニの姿は微笑ましくもあり、それでいて驚くほど原則的であった。「二度と戦争をしてはならない」と繰り返し話す宋神道ハルモニの訴えの核心を、考えずにはいられなかった。ハルモニの訴えはまさに、日本軍「慰安婦」問題の正しい解決とは、日本社会の民主化なくしては語れないものだと言い当てているようだ。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)