Facebook

SNSで共有

朝鮮代表にプロ入りの朝大生が選出/AFC・U23選手権

朝大サッカー部の金成純選手(写真提供=在日本朝鮮人蹴球協会)

AFC(アジアサッカー連盟) U23選手権2018(1月9日~27日、中国)に出場する朝鮮代表に朝大サッカー部の金成純選手(体育学部4年)が選出されている。

大会では16の国・地域が4組に分かれてグループリーグを戦い、各組上位2位までが決勝トーナメントに進出する。グループBに組み込まれた朝鮮は10日にタイ、13日にパレスチナ、16日に日本と対戦する。決勝トーナメントに進んだ場合、19日もしくは20日に準々決勝、23日に準決勝、26日に決勝戦を戦う。

9日には金成純選手がJ3のFC琉球へ加入することがクラブ側から発表された。

愛知中高、朝大サッカー部に所属した金成純選手は年代別の朝鮮代表として2014年のAFC U19選手権、2015年のU20W杯、2017年のAFC U23選手権予選に出場した実績を持つ。

クラブを通じて金成純選手は、「自分が目標にしていたプロサッカー選手になることができて嬉しい気持ちで一杯です。今からがスタートだと思ってますので、まずはFC琉球のJ2昇格に結果で貢献できるように頑張りたいと思います。今まで関わってきたすべての人に感謝の気持ちをもって、プロの世界で活躍して恩返ししていきたいです」と語った。

(朝鮮新報)