Facebook

SNSで共有

ホーム » Archives by category » 祖国・情勢 (Page 252)

〈朝鮮の論調〉2007年8月

第2回北南首脳会談開催決定の一報に世界が驚いた8月(8日発表)。朝鮮での水害復旧を受けて延期にはなったものの、来月2~4日に予定通り行われる見通しだ。また、7月に行われた6者団長会談で合意された5つの [...]…

〈朝鮮の論調〉2007年7月

「BDA」問題の解決を受けてスタートした7月。第6回6者会談第1ラウンド(3月19~22日)以来、約4カ月ぶりに6者団長会談が実現した(18~20日)。報道発表文には「2.13合意」を引き続き履行して [...]…

〈朝鮮の論調〉2007年上半期

朝米ベルリン会談(1月19日)から始動した2007年の朝鮮半島情勢。2月8~13日に第5回6者会談第3ラウンドが開催され、「2.13合意」がなされた。続いて3月19~22日まで第6回6者会談が開かれた [...]…

〈朝鮮の論調〉2007年5月

6者会談をはじめ朝鮮半島を取り巻く国際情勢に目立った動きのなかった5月。米国のもたつきぶりがちらほら伝えられる程度だった。日本では、参院選を前にして「強気の安倍カラー」が伝えられる中、松岡前農水相の自 [...]…

〈朝鮮の論調〉2007年4月

第6回6者会談が「バンコ・デルタ・アジア」(BDA)問題をめぐって休会したままだった4月。朝米間の動きとしては、ビル・リチャードソン米ニューメキシコ州知事一行の訪朝があった(8~11日)。一方、朝鮮国 [...]…

〈朝鮮の論調〉2007年3月

2月8~13日にかけて北京で行われた第5回6者会談第3ラウンドの合意にそって、各作業部会の開催からスタートした3月。建設的な雰囲気が伝えられた朝米の一方で、朝・日は拉致問題をめぐって紛糾、頓挫した。1 [...]…

〈朝鮮の論調〉2007年2月

昨年12月以来、約1カ月半ぶりに第5回6者会談第3ラウンド(2月8~13日、北京)が開催された。会談では、朝鮮半島非核化にむけて初期段階措置(各作業部会設置や100万トン相当のエネルギー支援など)を取 [...]…

〈朝鮮の論調〉2007年1月

朝鮮中央通信社は、朝鮮民主主義人民共和国の国営通信社にして同国最大の報道機関である。労働新聞、朝鮮中央放送や国内メディアが発信するニュースなどを世界各地へと配信している。今号から米国、日本、南朝鮮に対 [...]…

〈そこが知りたいQ&A〉労働新聞が報じたフジテレビ・スイス「拉致報道」の真相は?

「侮辱、悪質なねつ造番組」 男女は夫婦、怒りあらわの当事者 テレビのスイッチを入れると、連日洪水のようにあふれている偏見とねつ造、わい曲にみちた「北朝鮮報道」。そうしたなかで、労働新聞1月15日付は、 [...]…

〈担当記者座談会・06年朝鮮半島情勢を振り返る 3〉総書記の活動

〈担当記者座談会・06年朝鮮半島情勢を振り返る 3〉総書記の活動

経済指導、大きな比重 朝鮮のミサイル発射訓練(7月5日)と核実験(10月9日)に対して国連安保理が「議長声明」を発表し、「制裁」を決議したことから朝鮮半島情勢は一気に緊迫した。そんな今年を反映するかの [...]…