Facebook

SNSで共有

中秋の名月にタンソの音色響く/李東信さんリサイタル

李東信タンソリサイタル‐タンソと共に50年‐

「李東信タンソリサイタル‐タンソと共に50年‐」が9月13日、東京・赤坂のサントリーホール小ホールで行われた。約380人の芸術愛好家たちが集った。

12歳から朝鮮の民族楽器であるタンソ(短簫)を始めた李東信さんは、金剛山歌劇団器楽部に12年間在籍し、金元均名称音楽綜合大学(旧平壌音楽舞踊大学)でチョン・ドンファン氏に師事した。退団後はフリーで演奏活動に励んでいる。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)