Facebook

SNSで共有

“過去清算の機会を逃すな”/朝鮮中央通信社論評

朝鮮中央通信社は3日、「日本は過去清算の機会を逃すな」と題した論評を発表した。以下、要旨。

「東京新聞」(1日付)の報道によると、日本の安倍首相が「日朝首脳会談の実現を最優先の外交課題に位置付けた」という。日本は朝・日対話に熱を上げているが、実際の行動はそれと相反している。(日本は)引き続きわれわれに食い下がって「拉致問題」を絶えず言い立てる一方、対朝鮮制裁・圧迫に躍起になっている。

先日も安倍は、無所属国会議員グループの前で演説し、

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)