公式アカウント

良妻賢母の呪縛/玄明淑

7月12日、オモニの7回忌を迎える。専任活動家のアボジを支え5人の子をウリハッキョに通わせ、苦しい家計を一身に担い働き続けたオモニは、同時代を懸命に生きぬいた在日朝鮮人2世の女性のひとりであり、「良妻…

笑顔もたらす「花火」を/金徳誠

夏休み、夏祭り、花火大会。子どもたちはこれらの単語を一つだけ聞いてもウキウキが止まらないだろう。その全部が揃ったイベントが西東京の八王子支部にある。「ハチアイフェスタ」だ。これは、2023年7月に4年…

舞台は一人では作れない/河美珠

5月23日、朝大でオープンキャンパスが行われ、去年に引き続き演劇に出演した。劇中模擬授業の準備をする朝大生のセリフで「もう卒業か…全然実感わかないな」と出てくる。教育実習をみすえた模擬授業も、卒業とい…

わが心よ、歌となりエルファとなれ/金サラン

悲しい時、嬉しい時、いつもそばに歌があった。ひとりっ子で留守番も多かった子ども時代、寂しさや怖さを歌がなぐさめてくれた。私が4歳の時に亡くなった父方の在日一世のハルモニとの唯一の思い出は、所かまわず常…

「中1」/玄明淑

今年度は7年ぶりに中級部1年生の担任になった。この6年間ずっと2、3年生を受け持ってきたので、毎日が新鮮でとても楽しいし、忙しい。もちろん授業で毎年全学年を担当しているが、朝読書から帰りのホームルーム…

ウリハッキョへの道/黄炳柱

東京都板橋区に位置する東京朝鮮第3初級学校。その第3ハッキョへの通学路のひとつにハッピーロード大山というアーケード商店街がある。「東上線通学班」に属していた方には特に馴染み深い道だと思う。私も、母校で…

学生最後の春に/河美珠

朝大に入学して4回目の春を迎えた。卒業年度になり早くも「学生最後」のイベントを数多く経験している。

表現者として/玄明淑

昨年末、意を決して開催した個展「温故知新」のメインテーマは済州四・三であった。二十代の頃、一度取り組んだテーマであったが酷評され封印、四・三70年を迎えた春に書いた「済州四・三抗争」は、それまで重ねて…

ウリマルでウリマウムを学ぶ/金サラン

「ウリマルの基本母音は『・ ㅡ ㅣ』、『天 地 人』を現します」。ソンセンニムとの初回授業。朗々と語る姿に壮大なウリマルの地平が開けていくような感銘をうけた。 その数カ月前、民族を取り戻したい一心で大…

育児のち青商会、時々ゴルフ/金徳誠

私事で恐縮だが、昨年8月に女の子が生まれた。幸いにも会社から育児休暇をもらった私は、第三子にして初めて育児の大変さを体験したような気がしている。 そんな中、「ウリ民族フォーラム」の西東京開催が決まり、…

教え方のコツは?/河美珠

アルバイトで塾の講師をしている。教える過程で自身も学びたいと考え、始めたバイトだが、最初の頃は生徒たちがちっとも授業を聞いてくれなかった。教え方や教材理解が足りなかったということもあるだろう。しかし一…

イルムは私の生き方/金サラン

「木村愛」という名で30余年生きてきた私は、数年前に初めて参加したある青年民族団体で「金サラン」と呼ばれるようになった。朝鮮人として認めてもらえた気持ちがした。 数カ月後の、2022年5月。同胞の友人…

エアメールの思い出/玄明淑

幼少期の記憶の中にハラボジ、ハルモニ、コモたちと過ごした思い出はたくさんある。 一家の故郷は済州道だけれど、専任活動家だった長男(父)と次男の家族は日本に残り、祖父母と妹弟4人は「万景峰」号に乗って帰…

ノンフィクションの物語/黄炳柱

西東京の同胞社会にチャムジェリョッ(潜在力)コールが鳴り響いている。今、あなたが西東京を訪れたら、その響きのとおり、地域に潜在する力が発揮されている姿を見ることができると思う。 職業柄、私はこれまで「…

未来のために手を繋ぐ/河美珠

コロナによる規制が明け、数年ぶりに米・デポー大学の学生たちが朝大を訪れ、私も交流会に参加した。英語が達者ではないため不安だったが、勇気を出して話かけてみると、拍子抜けするほど私たちと同じような大学生で…

「民族」との出会い/金サラン

私が初めて「民族」に出会ったのは中学生の時だった。 父が突然自らを、結婚を機に日本籍になった朝鮮人であると話し、「差別を受けるかもしれないから出自のことは隠して生きていくように」と付け加えた。自分に半…

わが子の卒業式/玄明淑

3月は卒業式シーズンだ。中高の教壇に立つ私は、思春期を抜け出し心身共に成長した卒業生をたくさん見送ってきたが、今日はわが子の卒業式の思い出を記したい。 3人の子は全員朝鮮大学校にて学び、昨年ついに末の…

西東京チャムジェリョク/金徳誠

「西東京!チャムジェリョク(潜在力)!」 西東京の各所で聞こえるかけ声である。今、青商会を中心とした西東京同胞社会が熱い。今年9月の「ウリ民族フォーラム2024 in 西東京」を主管する西東京青商会の…

内気だった自分へ/河美珠

昨年11月に沖縄で行われた朝鮮統一支持全国集会国際シンポジウムにゼミの指導教授が登壇されるというので、思い切って同行し参加した。シンポ後、ウリ歌舞団の公演や地元「国際通り青年会」のエイサーに合わせて、…

私のはなし/鄭明洙

私のコラムもこれが最後となる。これまでは、担任を務める初3の児童たちの成長過程などについて書いてきたが、最後は自分について書こうと思う。 島根県出身の私は祖父の遺言で高級部からウリハッキョに通うことに…