友好と交流の伝統つなぐ/横浜で第60回日朝親善サッカー大会


各カテゴリーで熱戦、「在日Dream Team」も出場

第60回横浜市長杯争奪 日朝親善サッカー横浜大会が行われた(写真はメインマッチを飾った横浜猛蹴LegendとFC KOREAの選手たち、実行委)

「第60回横浜市長杯争奪 日朝親善サッカー横浜大会」(主催=一般社団法人横浜サッカー協会、在日本朝鮮人神奈川県体育協会)が23~24日に三ツ沢公園陸上競技場(横浜市神奈川区)で行われた。小学生からシニアまでの各カテゴリーの朝・日選手らが2日間にわたり熱戦を繰り広げながら大会の「還暦」を彩り、交流を深めた。

大会には、横浜市市民局スポーツ統括室スポーツ振興課の守屋喜代司課長、横浜サッカー協会の内田渉会長、在日本朝鮮人体育連合会の文章弘会長、在日本朝鮮人サッカー協会の崔英秀会長、在日本朝鮮人神奈川県体育協会の崔哲会長をはじめとした関係者が参加。新型コロナ感染拡大防止策が徹底される中、県内の同胞や朝鮮学校児童・生徒、日本市民など多くの一般観客も会場に訪れた。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ


関連記事