〈群馬追悼碑裁判〉“蝕まれる歴史認識”/関係者らの声


この日地裁前には、33の傍聴席をめぐり120人が列をつくった。裁判は、14時ちょうどに開廷。法廷では、1審の判断を取り消す旨の主文が読み上げられ、その直後に高裁前で「不当判決」の旗出しがあった。想定もしなかった判決結果に、関係者たちの間には憤りと落胆の声が広がった。

碑前で行われていた追悼集会(2012年4月21日)

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ