Facebook

SNSで共有

〈ウリ民族の姓氏-その由来と現在 66〉廉氏が権力中枢に上がれなかったのは?/種類と由来(53)

朱氏は稀姓の上位にあって、本貫は93を数える。

主な本貫と始祖は、陵城・朱餘慶、羅州・朱仲紹、押海・朱玄進、熊川・朱大翊、新安・朱潜、全州・朱仁で、やはり高麗の官吏が多い。

朱氏の登場は三国時代で、548年、高句麗が百済を攻めたとき、新羅は朱玲(チュ・リョン)将軍に3000の兵を与えて救援させている。

また557年には、高句麗・丸都城の長官・朱理が反乱に失敗したと記録にあり、「高麗史」には朱徳明ほか、少なからぬ朱氏が登場している。

なかでも朱餘慶(陵城)の子・朱悦は容貌魁偉な傑物で、国に重大事が起こると、まず彼の名が挙がるほどの逸材であった。逸話も多い。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)