Facebook

SNSで共有

ホーム » Archives by category » 文化 (Page 5)

“永遠にファン” 約900人を魅了/河栄守音楽活動30周年記念リサイタル「HISTORY」

“永遠にファン” 約900人を魅了/河栄守音楽活動30周年記念リサイタル「HISTORY」

金剛山歌劇団の奏者・河栄守さん(共和国功勲俳優)の音楽活動30周年を記念したリサイタル「HISTORY」が9月27日、新宿文化センターで行われた。同胞、日本市民ら約900人が客席を埋めた。…

〈ものがたりの中の女性たち 16〉「私を見つけて」―終娘(於于野譚より)

〈ものがたりの中の女性たち 16〉「私を見つけて」―終娘(於于野譚より)

あらすじ ある武士が訓練院で弓の研鑽を積み日暮れて帰途につくと、往来で美しい娘を見かける。鮮やかな衣服を身にまとったその娘は憂いをたたえた表情で心細げに立ち尽くしていたので、本来が豪放で律儀な気質であ [...]…

〈続・歴史×状況×言葉・朝鮮植民地支配と日本文学 6〉朝鮮戦争と日本文学 2/朝鮮戦争を描いた日本の文学を紹介する著書

〈続・歴史×状況×言葉・朝鮮植民地支配と日本文学 6〉朝鮮戦争と日本文学 2/朝鮮戦争を描いた日本の文学を紹介する著書

朝鮮戦争との断絶、共有の手がかり 朝鮮戦争への無責任、無自覚、また無関心と忘却の中、これらの問題をも含めて、日本の文学はどれだけ、いかにこの戦争と向き合ったのか。丸川哲史「冷戦文化論」(2005)は、 [...]…

「政治的」を根拠に裁量動く/群馬朝鮮人追悼碑裁判、控訴審はじまる

「政治的」を根拠に裁量動く/群馬朝鮮人追悼碑裁判、控訴審はじまる

県立公園・群馬の森(群馬県高崎市)にある朝鮮人強制連行犠牲者追悼碑の設置許可を県が更新しなかったのは違法だとして、碑を設置した「記憶・反省そして友好」の追悼碑を守る会(以下、守る会)が、処分の取り消し [...]…

とどけ!アリランのうた/愛知・覚王山日泰寺で関東大震災追悼行事開催

とどけ!アリランのうた/愛知・覚王山日泰寺で関東大震災追悼行事開催

「寃(えん)死同胞慰霊碑」建立70周年および関東大震災95周年追悼行事が9月1日、愛知県名古屋市の覚王山日泰寺の霊堂広場および碑石前で行われ、雨の中、150人が来場した。…

学生らが地元の震災史展示/東京成徳大学・震災研

学生らが地元の震災史展示/東京成徳大学・震災研

東京成徳大学・震災史研究プロジェクト(以下、震災研)に携わる学生たちによる企画展示「石碑から見る関東大震災下の千葉県」が1日より10月7日まで、同校の伝統文化資料室で行われている。…

〈人・サラム・HUMAN〉絵本作家・ほんえすんさん

〈人・サラム・HUMAN〉絵本作家・ほんえすんさん

英語と楽しく出会える絵本 絵本「すき! I like it!」(ほんえすん・作、サタケシュンスケ・絵、教育画劇・刊)の出版を記念して、先月、都内の書店でトークイベントが開催された。 右から開くと縦書き [...]…

第22回ハングル書芸作品展「芽ぶく」/文芸同東京書芸部

第22回ハングル書芸作品展「芽ぶく」/文芸同東京書芸部

文芸同東京書芸部の第22回ハングル書芸作品展「芽ぶく」が、8月31日〜2日まで、東京・千代田区の日本教育会館一ツ橋画廊で開かれた(写真)。展示会には、14人のハングルと漢字による書芸作品44点が展示さ [...]…

〈本の紹介〉「アジア現代女性史」第12号

〈本の紹介〉「アジア現代女性史」第12号

アジア現代女性史研究会(代表=籐目ゆき)から年報「アジア現代女性史」第12号が発行された。特集は「朝鮮戦争捕虜問題」と「日本軍『慰安婦』と日本公娼制度の関係性」。 特集1では、朝鮮戦争下の米軍収容所に [...]…

〈本の紹介〉報道カメラマンの課外授業―いっしょに考えよう、戦争のこと/石川文洋 著

〈本の紹介〉報道カメラマンの課外授業―いっしょに考えよう、戦争のこと/石川文洋 著

戦争の悲惨さ、愚かさ伝える 防空壕に逃げ遅れた母親が倒れている。それを泣きながら見つめる子どもたち。筆者の石川文洋さんが1966年にベトナム戦争のさなかに撮影した写真だ(第3巻20ページ)。筆者はカメ [...]…