Facebook

SNSで共有

ホーム » Archives by category » 文化 (Page 2)

〈在日発、地球行・第2弾 3〉朝鮮と国交断絶、民心はいかに/ヨルダン

〈在日発、地球行・第2弾 3〉朝鮮と国交断絶、民心はいかに/ヨルダン

ジーザス・クライスト!(なんてことだ!) 正式名称:ヨルダン・ハシェミット王国。首都:アンマン。人口:987万人。面積:約8.9万㎢(朝鮮半島の約0.4倍)。言語:アラビア語、英語。民族:大半をアラブ [...]…

「コリアン・シネマ」を読む/朴敦史

「コリアン・シネマ」を読む/朴敦史

通底する南北の「文化的同質性」 本書は、韓国と朝鮮民主主義人民共和国(以下・朝鮮)の映画を比較分析し、それぞれの社会に作用するイデオロギーと映画表現の緊張関係を探る学術書である。著者は英シェフィールド [...]…

〈続・歴史×状況×言葉・朝鮮植民地支配と日本文学 2〉「苦海浄土」が問い続けた「近代文明の毒」/石牟礼道子(上)

〈続・歴史×状況×言葉・朝鮮植民地支配と日本文学 2〉「苦海浄土」が問い続けた「近代文明の毒」/石牟礼道子(上)

今年2月に他界した石牟礼道子の「苦海浄土」を読み直している。作家・池澤夏樹個人編集による、「世界文学全集」(河出書房新社)全30巻中、日本文学からは唯一本作をあえて選び収めた池澤の慧眼はあらためて見事 [...]…

金剛山歌劇団東京公演・会場の声

金剛山歌劇団東京公演・会場の声

懐かしさ、新鮮さが交差する1時間半 16日、今年の初公演を終えた金剛山歌劇団東京公演の会場は、余韻にひたり客席で友人との会話に花を咲かせる人々や、場外で劇団員たちと記念撮影をする人々でごった返していた [...]…

金剛山歌劇団2018年ツアーがスタート/東京公演・1100余人を魅了

金剛山歌劇団2018年ツアーがスタート/東京公演・1100余人を魅了

統一の願い、春香伝にのせて 金剛山歌劇団2018年舞踊ミュージカル「春香伝~烏鵲橋にかかる統一の虹~」が16日、東京練馬区の練馬文化センターで上演され、総聯中央の裵益柱副議長、姜秋蓮副議長兼女性同盟中 [...]…

〈愛舜の本音トーク その21〉さあ、行きましょうか

3月中旬、年長児だった娘が通っている図工教室で「木」というテーマで自由画を描いたときのこと。娘が描いた絵を見ると、満開の桜の樹の下で、ランドセルを背負った20人くらいの子どもたちがニコニコと笑っていま [...]…

チョ・ソンヒョン監督「ワンダーランド北朝鮮」/トランスナショナル・シネマ・シンポジウム2018

チョ・ソンヒョン監督「ワンダーランド北朝鮮」/トランスナショナル・シネマ・シンポジウム2018

“朝鮮をしっかり見て、理解すべき” トランスナショナル・シネマ・シンポジウム2018「北朝鮮とコリアン・シネマ」(主催=立教大・異文化コミュニケーション学部)が12日、立教大学で行われ、同大学の学生を [...]…

〈ものがたりの中の女性たち 12〉「梅花よ、この父が来たからには安心するがよい」/梅花の父

〈ものがたりの中の女性たち 12〉「梅花よ、この父が来たからには安心するがよい」/梅花の父

あらすじ 京畿道長湍(キョンギドチャンダン)に金主簿(キムチュプ、朝鮮王朝時代中央および地方の役所で文書と符籍を担当した官職)という道術に長けた男が齢40にして一人娘梅花(メファ)を授かる。 代々続く [...]…

〈本の紹介〉1945,鉄原/イ・ヒョン著

〈本の紹介〉1945,鉄原/イ・ヒョン著

解放朝鮮の止まった夢 舞台は朝鮮半島のほぼ真ん中、そう、DMZの目と鼻の先に位置する街、江原道鉄原郡。物語は1945年8月の「解放」から2年間、鉄原の人びとの間で繰り広げられた「非日常的な日常」のほん [...]…

日本人こそが手に取るべき一冊、「過去から学び、現在に橋をかける」を読む/石橋学

日本人こそが手に取るべき一冊、「過去から学び、現在に橋をかける」を読む/石橋学

「語られるべき言葉、それは確かな希望」 語られるべき言葉が語られ、ここに記されている。それは確かな希望であり、しかし、深い断絶の存在を浮かび上がらせてもいる。 日本と朝鮮、過去と現在―。 いま、きしみ [...]…