Facebook

SNSで共有

ホーム » Archives by category » 文化

民族にこだわり、青春を捧げる/留学同京都総合文化公演2018「春の先駆者」

民族にこだわり、青春を捧げる/留学同京都総合文化公演2018「春の先駆者」

1948年教育闘争70周年記念留学同京都総合文化公演2018「春の先駆者」が2月18日、京都市国際交流会館で行われ、総連京都府本部・金尚一委員長をはじめとする同胞、日本人氏ら約300人が足を運んだ。 [...]…

「民族教育は狭くない」/留学同京都総合文化公演2018出演者たちの声

「民族教育は狭くない」/留学同京都総合文化公演2018出演者たちの声

大成功を収めた留学同京都総合文化公演。民族教育をテーマにした公演だが、朝鮮学校のシーンは一つも出てこない。 観客からも、「ウリハッキョに通ったことがない、もしくは途中まで通った学生たちが、ウリハッキョ [...]…

〈ものがたりの中の女性たち 9〉「身分違いと捨てるなら後悔させてやる」/春香

〈ものがたりの中の女性たち 9〉「身分違いと捨てるなら後悔させてやる」/春香

あらすじ 肅宗王の即位当時、元妓生だった月梅は成(ソン)という參判との間に娘春香を授かる。美しい春香は幼いころから詩と絵画が得意、人々は皆彼女を賞賛する。 ある春の日、南原の長官―府使に赴任した父に付 [...]…

〈群馬追悼碑裁判〉県の違法性を認定/“追悼碑の存在意義覆らない”

〈群馬追悼碑裁判〉県の違法性を認定/“追悼碑の存在意義覆らない”

“完全勝利を目指して” 朝鮮人強制連行犠牲者追悼碑について、県が設置許可を更新しないのは違法だとして、「記憶・反省そして友好」の追悼碑を守る会が、処分の取り消しを求めた民事訴訟。 前橋地裁は、県が行っ [...]…

〈若きアーティストたち 135〉漫才師/夫太洲さん

〈若きアーティストたち 135〉漫才師/夫太洲さん

“まだまだやめられない”/笑いの波押し寄せる快感 大手事務所のタレント養成所・NSC大阪校に入ったのは23歳のときだった。 高校の頃からやってきたラグビーの推薦で大学へ進学するも、「自分にしかできない [...]…

〈ウーマン・ヒストリー 36〉ハーグ密使・李儁の同志/李一貞

〈ウーマン・ヒストリー 36〉ハーグ密使・李儁の同志/李一貞

朝鮮初の女性専門商店 李一貞の生まれは定かではない。1906年、漢城府の戸籍には牛峰・李氏と、李儁(リジュン、1859~1907)の家系図には平東・李氏となっているという。李一貞は、李儁の後妻であった [...]…

第7回高校生アートライター大賞/東京中高生が大賞受賞、学校賞も

第7回高校生アートライター大賞/東京中高生が大賞受賞、学校賞も

芸術を言葉で抽象化 第7回高校生アートライター大賞(主催=筑波大学芸術専門学群、後援=文部科学省ほか)受賞式が3日、筑波大学で行われた。高校生アートライター大賞とは、アートについて自分の言葉で考え伝え [...]…

〈人・サラム・HUMAN〉同胞歌劇「埼玉やきとり物語」実行委員長・朱弘文さん

〈人・サラム・HUMAN〉同胞歌劇「埼玉やきとり物語」実行委員長・朱弘文さん

諦めず仲間を信じて 先日、出演者130人、観客動員数1千人の同胞歌劇「埼玉やきとり物語」を終えたばかり。同公演実行委員長を務めた。 「埼玉には『オルサ』という芸術協会があって、舞踊、コーラス、楽団がそ [...]…

ウリマルとわたし−ある「半チョッパリ」の青春断想/李圭一

ウリマルとわたし−ある「半チョッパリ」の青春断想/李圭一

日本敗戦、祖国解放の4カ月前、旧制中学入学式の日だった。教師が新入生の名を次々と読み上げたが、途中で首をかしげつつ「すもも君」と呼んだ。俺のことだな、と思ったが黙っていた。名簿を一通り読み終えた教師は [...]…

「同胞社会は捨てたものじゃない」/同胞歌劇「埼玉やきとり物語」、それぞれの声

「同胞社会は捨てたものじゃない」/同胞歌劇「埼玉やきとり物語」、それぞれの声

「埼玉同胞社会の底力を見せつけられた公演だった」「出演者のレベルが高くて驚いた」「これほどまでの公演を仕上げるために、仕事や家庭を犠牲にした人も多かったはず。それでも、やるだけの価値のある公演だった」 [...]…