Facebook

SNSで共有

ホーム » Archives by category » 文化

徴用工判決を拒否する日本/朝鮮メディアが非難

新日鉄住金(旧新日本製鉄)に強制徴用被害者たちへの賠償を命じた南朝鮮の大法院(最高裁)判決に対し、日本の当局者らが拒否する立場を示していることと関連し、朝鮮メディアがこれを非難する論調を相次いで発表し [...]…

徴用工裁判、弁護士有志が声明/「人権侵害認め、謝罪・賠償を」

南朝鮮の大法院(最高裁)が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に強制徴用被害者への賠償を命じた判決を受け、日本政府が誤った認識の下、世論をミスリードしているとして、日本各地の弁護士有志が5日、謝罪と賠償、問題解 [...]…

〈取材ノート〉連鎖のなかで

〈取材ノート〉連鎖のなかで

昨今、物議を醸している南の某アイドルグループの「音楽番組締め出し」問題。 「メンバーが着ているTシャツのデザインが波紋を呼んでいる」との理由から、番組側は急きょ出演中止を公表したが、政治と連鎖するよう [...]…

〈ものがたりの中の女性たち 17〉不思議な美しいものがたり/方観珠と燕恵娉

〈ものがたりの中の女性たち 17〉不思議な美しいものがたり/方観珠と燕恵娉

あらすじ 明の時代、ある村に豪傑の気を持つ方観珠が生まれる。彼女の両親は娘が望むまま男装を許し、親戚にも男の子だと偽り育てる。ところが彼女が八歳のとき突然両親が亡くなり孤児に。男として生きることを選ん [...]…

筑豊同胞のつながりを実感/映画「蒼色のシンフォニー」上映会

筑豊同胞のつながりを実感/映画「蒼色のシンフォニー」上映会

福岡・筑豊地域の総聯、商工会、女性同盟、青商会、朝青の若い世代の同胞たち8人で構成される「筑豊同胞探し運動推進委員会」(以下、推進委員会)が主催する、映画「蒼色のシンフォニー」上映会が10月28日、福 [...]…

〈人・サラム・HUMAN〉12月、大阪で創作舞踊公演/按舞家・玄佳宏さん

〈人・サラム・HUMAN〉12月、大阪で創作舞踊公演/按舞家・玄佳宏さん

芸術活動55周年を記念して12月9日に大阪、来年3月31日に東京で創作舞踊公演を開催する。タイトルは、第8回朝鮮舞踊の夕べ「根を考える」。 現在71歳。これまで数々の創作舞踊を手がけてきた。中でも、チ [...]…

群馬朝鮮人追悼碑裁判、第2回口頭弁論/“歴史に耐えうる判決を”

群馬朝鮮人追悼碑裁判、第2回口頭弁論/“歴史に耐えうる判決を”

県立公園・群馬の森(群馬県高崎市)にある朝鮮人強制連行犠牲者追悼碑の設置許可について、県が更新しなかったのは違法だとして、碑を設置した「記憶・反省そして友好」の追悼碑を守る会(以下、守る会)が処分の取 [...]…

〈人・サラム・HUMAN〉神戸学生青年センター館長/飛田雄一さん

〈人・サラム・HUMAN〉神戸学生青年センター館長/飛田雄一さん

平和のための真相究明を ベトナム戦争や日米安保反対を訴える社会運動が盛んだった1960年代後半から70年代にかけて、大学時代を過ごした。当時、反戦平和運動に携わったことをきっかけに、在日朝鮮人への差別 [...]…

金剛山歌劇団・舞踊ミュージカル「春香伝」が函館で開催

金剛山歌劇団・舞踊ミュージカル「春香伝」が函館で開催

“来年も会いましょう” 金剛山歌劇団第48回函館公演が10月25日、北斗市総合文化センター(北海道北斗市)で行われた。2002年から毎年恒例の行事となり、地域で長らく愛されてきた同公演。今年は、従来使 [...]…

元徴用工への賠償確定/南の最高裁、新日鉄住金に

「あまりに遅すぎた」 南朝鮮の大法院(最高裁)は10月30日、日本の朝鮮植民地時代に強制労働を強いられた元徴用工4人が新日鉄住金(旧新日本製鉄)を相手取り損害賠償を求めた訴訟の上告審で、原告勝訴の判決 [...]…