Facebook

SNSで共有

難関を切り抜ける正面突破戦を提示/朝鮮労働党中央委員会第7期第5回総会

朝鮮中央通信によれば、金正恩委員長の指導の下、朝鮮労働党中央委員会第7期第5回総会が2019年12月28日から31日まで党中央委員会の本部庁舎で行われた。総会の意義について1日発朝鮮中央通信が報じた総会に関する報道は、前代未聞の厳しい難局を正面突破し、国の自主権と最高の利益を守り抜き、自力富強の旗を高く掲げてチュチェの革命偉業の勝利の活路を切り開くための不滅の大綱を示したことで、朝鮮労働党の歴史と自主強国の建設史に特記すべき出来事となると指摘した。

総会は党中央委本部庁舎で行われた(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

総会には次のような議案が上程された。

1. 現在の内外情勢下における当面の闘争方向について

2. 組織問題について

3. 党中央委員会スローガン集を修正、補足することについて

4. 朝鮮労働党創立75周年を盛大に記念することについて

金正恩委員長が第1議案に関する歴史的な報告を行った。

委員長は、党中央は朝鮮革命の壮大でかつ力強い前進途上に直面した主・客観的な障害と難関を全面的に、かつ深く分析、評価し、社会主義建設をさらに促進する決定的対策を講じる趣旨で今回の総会を招集したと述べた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)