Facebook

SNSで共有

〈朝鮮のトップアスリートたち 4〉カン・グムソン/男子レスリング

新鋭、アジア制しさらなる高みへ

「不利な体勢で相手に身体をつかまれるなど、絶対的窮地からの逆転を可能にしているのが体の柔軟性。その柔軟度は、首と胴体と四肢がそれぞれバラバラに動くかのように見える」。カン・グムソン(21、平壌体育団)の強さを代表監督はそう語る。

レスリング強国・朝鮮の新鋭としてカンが一躍その名を馳せたのが、昨年3月のアジア選手権(キルギス・ビシュケク)。当時20歳、シニアの大会としては初の国際舞台でカンは、男子フリースタイル57kg級で初出場にして初優勝という華々しいデビューを飾った。表彰台で国旗を見上げながら大粒の涙をとめどなく流すカンの姿は、見る者に強い印象を残した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)