Facebook

SNSで共有

元国務省官僚の提言

米国では朝鮮との関係改善を望まない既得権勢力が暗躍している。先頃、米国防総省は南との合同空中演習を再開するための手続きを踏んでいると発表した。朝鮮外務省は「対話の火種に冷水を浴びせる挑発行為」「われわれの忍耐は限界に達している」と反発している。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)