Facebook

SNSで共有

〈ヘイトの時代に 6〉連帯通じ広がった視野/在特会襲撃事件当時の教員に聞く

京都第一初級襲撃事件(2009年)当時の教務主任、その後に校長を務め、現在は京都第2初級で教える金志成教員(51)。

事件後、京都第1初級(当時)教員たちは、本来の業務である「子どもたちの教育」以外のことに多くの時間が割かれるようになった。

警察の聴取や市の緑地課、弁護士の対応など校外での仕事が増え、子どもたちのために使える時間は減った。子どもたちがクラブ活動などの学校事業で外出する度に「警備」としてついて行き、休み時間や登下校時は見守りも行った。そのような生活は事件後から学校の統合まで継続し、少しずつ教員たちの体力を削っていった。保護者をはじめとする同胞たちの協力にも限界があった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)