Facebook

SNSで共有

〈金正恩委員長の活動・2019年8月〉国防力の強化で重大な事変

新兵器の開発相次ぐ

金正恩委員長の活動は7月に引き続き8月も軍事部門に対する指導が目立った。公開された軍事関連の活動は5回、そのすべてが新たな先端兵器の開発に関するものだ。金正恩委員長の直接的な指導によって相次ぐ国防力強化の成果について、朝鮮中央通信は「国防工業発展史において前例のない奇跡的な勝利であり、自衛的国防力強化において画期的な転換点となる重大な事変」と位置づけた。

新開発の超大型ロケット砲の試射を指導する金正恩委員長(朝鮮通信=朝鮮中央通信)

新開発の超大型ロケット砲

8月、朝鮮半島を取り巻く政治情勢は、朝鮮の再三の警告にも関わらず、米国と南朝鮮が合同軍事演習を強行したことで緊張の度合いを高めた。軍事演習は、米・南が毎夏行ってきた乙支フリーダムガーディアン合同軍事演習を改称しただけで、朝鮮への先制攻撃を念頭にしたその敵対的性格は何ら変わらず、「6.12朝米共同声明、板門店宣言、9月平壌共同宣言に対する公然たる違反」(6日、朝鮮外務省代弁人談話)となる。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)