Facebook

SNSで共有

平和を嫌悪する日本メディア、板門店朝米首脳会談をショーと揶揄/浅野健一

米大統領の越境は事実上の戦争終結

ハノイでの金正恩委員長とトランプ大統領の第2回朝米首脳会談が合意に至らず終わってから4カ月後の6月30日、板門店で歴史的な対面と会談が行われた。トランプ大統領は現職の米大統領として初めて軍事境界線を越え、朝鮮の領土を踏んだ。その後、南側の「平和の家」で第3回朝米首脳会談を約50分にわたって行った。

両首脳は「生産的な対話の再開」で合意し、実務者協議を再開することになった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)