Facebook

SNSで共有

日朝関係史講座30周年、三・一独立運動100周年に際し特別企画/同志社大学KOREA文化研究会

シンポジウムのようす

同志社大学KOREA文化研究会の日朝関係史講座30周年記念&三・一独立運動100周年記念特別企画「世紀を越えて、三・一独立運動を記憶する」が13日、同志社大学で行われ、約100人が参加した。

講演では、法政大学の愼蒼宇教授が「朝鮮植民地(征服/防衛)戦争の視点から見た三・一独立運動」、明治学院大学の鄭栄桓教授が「三・一独立運動の残響:在日朝鮮人史と反植民地主義」と題してそれぞれ報告を行った。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)