Facebook

SNSで共有

合同軍事演習の強行を糾弾/朝鮮外務省代弁人談話

朝鮮外務省代弁人は16日、米国と南朝鮮が8月に朝鮮を狙った合同軍事演習「同盟19―2」を強行しようとしていることと関連し談話を発表した。

談話は、合同軍事演習の中止は、米国の軍統帥権者であるトランプ大統領がシンガポール朝米首脳会談で全世界が見守る中で直接公約し、板門店朝米首脳の対面の時も朝鮮外相と米国務長官が共にいる席で重ねて確約した問題であると明らかにし、米国は板門店朝米首脳の対面が行われた時から1カ月もならないうちに、最高位級で直接中止することに公約した合同軍事演習を再開しようとしていると非難した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)