Facebook

SNSで共有

新時代の関係発展を強調/朝中の党幹部が北京で会談

朝鮮中央通信によると、朝鮮労働党中央委員会国際部代表団として中国を訪れた朝鮮労働党中央委員会の金成男第1副部長と、中国共産党中央委員会の宋濤対外連絡部長との会談が11日、北京で行われた。

宋濤対外連絡部長は代表団の訪中を熱烈に歓迎し、締結58周年を迎える朝中友好・協力および相互援助に関する条約(1961年7月11日)は中朝関係の礎であり象徴であるとしながら、両党の最高指導者たちの崇高な志を掲げて新時代の中朝関係発展を推し進めていく立場を表明した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)