Facebook

SNSで共有

映画「主戦場」/ミキ・デザキ監督インタビュー

歴史知り、より良い議論へ

映画「主戦場」より(C)NO MAN PRODUCTIONS LLC

彼女たちは「慰安婦」か「性奴隷」か。「強制連行」はあったのか。日本政府の法的責任は――映画の中では、朝鮮半島と日本の間で今も続く論争について、その「中心人物」たちが意見をたたかわせる。日系米国人の監督は、なぜその渦中に飛び込んでいったのか。撮影を通じて何を感じたのか。監督に単独インタビューを行った。

―なぜ「主戦場」を撮ることに?

一番の発端は2013年、「YOUTUBE」に、日本国内の人種差別に関する動画(「レイシズム イン ジャパン日本では人種差別がありますか?」)をアップしたこと。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)