Facebook

SNSで共有

金正恩委員長とドナルド・トランプ米大統領の間のシンガポール首脳会談共同声明

朝鮮民主主義人民共和国の金正恩国務委員長とアメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領が2018年6月12日、シンガポールで初の歴史的な首脳会談を行った。

金正恩委員長とトランプ大統領は、新たな朝米関係の樹立と朝鮮半島における恒久的で強固な平和体制の構築に関する諸問題について包括的で深く、率直な意見を交換した。

トランプ大統領は、朝鮮民主主義人民共和国に安全の保証を提供することを確言し、金正恩委員長は朝鮮半島の完全な非核化に対する揺るぎない意志を再確認した。

金正恩委員長とトランプ大統領は、新たな朝米関係の樹立が朝鮮半島と世界の平和と繁栄に寄与すると確信し、相互の信頼構築が朝鮮半島の非核化を促すと認識し、以下の通り声明する。

1. 朝鮮民主主義人民共和国とアメリカ合衆国は平和と繁栄を願う両国人民の念願に基づいて新たな朝米関係を樹立していくことにした。

2. 朝鮮民主主義人民共和国とアメリカ合衆国は朝鮮半島で恒久的で強固な平和体制を構築するために共に努力する。

3. 朝鮮民主主義人民共和国は2018年4月27日に採択された板門店宣言を再確認し、朝鮮半島の完全な非核化に向けて努力することを確約した。

4. 朝鮮民主主義人民共和国とアメリカ合衆国は、戦争捕虜および行方不明者の遺骨発掘を行い、すでに身元が確認された遺骨を即時送還することを確約した。

金正恩委員長とトランプ大統領は、史上初の朝米首脳会談が両国間の数十年間にわたる緊張状態と敵対関係を解消し、新たな未来を開いていくうえで大きな意義を持つ画期的な出来事であるということについて認識し、共同声明の条項を完全かつ迅速に履行することにした。

朝鮮民主主義人民共和国とアメリカ合衆国は、朝米首脳会談の結果を履行するために可能な限り早い時期に米国のマイク・ポンペオ国務長官と朝鮮の当該高位人士間の後続協議を行うことにした。

朝鮮民主主義人民共和国国務委員会の金正恩委員長とアメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領は、新たな朝米関係の発展と朝鮮半島と世界の平和と繁栄、安全を促すために協力することにした。

2018年6月12日

シンガポール・セントーサ島

 

朝鮮民主主義人民共和国

国務委員会委員長

 金正恩

 

アメリカ合衆国

大統領

ドナルド・トランプ

(朝鮮新報)

関連特集

【特集】朝米首脳会談(2018.6.12)