Facebook

SNSで共有

【寄稿】朝鮮の水爆実験と半島情勢/浅井基文

米国の頑なな朝鮮政策に風穴を

国際社会へのメッセージ

誰もが驚いた朝鮮の1月6日の水爆実験だったが、朝鮮が実験に踏み切ったのは、米国が朝鮮の新提案を無視した結果というのが、「8月事態」後の経緯を追った私の結論だ。

8月事態とは、昨年8月4日に起こった地雷爆発による韓国兵士の負傷事件をきっかけに一触即発の対決が起こり、北南の最高位接触によって辛うじて危機を乗り越えた一連の事態に対する朝鮮の呼称だ。

朝鮮が8月事態の教訓を如何に重視しているかは、李洙墉外相の10月1日の国連総会演説に明らかだ。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)