Facebook

SNSで共有

日本の侵略が朝鮮分断70年の要因/「米朝平和条約締結提唱宣言」を発表/浅野健一

ベルリンで「朝鮮半島統一」目指す国際シンポ

ベルリンで開かれた「第2回朝鮮半島の平和と安全に関する国際シンポジウム」のもよう 米国の反戦運動団体・ANSWERのマイケル・ベーカー共同代表。今回のシンポの司会。 朝鮮の祖国統一研究所リム・ヨンチョル所長 米国の法律家、マラさん 会議に参加した筆者

ベルリンで開かれた「第2回朝鮮半島の平和と安全に関する国際シンポジウム」のもよう

11月22日、成田を発ち、ベルリンに着いた。経由地のブリュッセル空港のターミナルでは自動小銃を手にした多数の兵士が警備していた。ベルリン空港には雪が積もり、温度計は摂氏零度を示していた。

日本の真冬のような寒さの中で、24日から3日間、「第2回朝鮮半島の平和と安全に関する国際シンポジウム」が開かれ、朝鮮の再統一を目指す世界13カ国の研究者、平和運動家、ジャーナリスト、宗教指導者ら約50人が熱い議論を展開した。シンポの最終日の26日、「朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮)と米国との平和条約の締結を提唱する国際連帯」(ICAPKU)の名で「米朝平和条約締結提唱宣言」を採択し、27日に記者発表した。宣言は、朝鮮戦争(1953年に休戦したまま今日に至っている)を終結させ、米軍が韓国から撤退することが朝鮮半島の軍事衝突を阻止し、朝鮮の自主統一のために不可欠との認識から、国際社会は両国に対話と協調を呼び掛けた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)