Facebook

SNSで共有

敗戦を直視し反省を/東アジア市民連帯、第3回連続集会

浅井基文さんによる講義の様子

浅井基文さんによる講義の様子

「戦後70年-新しい東アジアへの一歩へ!市民連帯」(東アジア市民連帯)が主催する第3回目の連続集会「戦後70年の東アジア外交」が10日、参院議員会館で行われ、フォーラム平和・人権・環境(平和フォーラム)、6.15共同宣言実践日本地域委員会、朝鮮の自主的平和統一を支持する日本委員会、村山首相談話を継承し発展させる会、「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センター(VAWW RAC)をはじめとする日本の市民運動団体と同胞団体のメンバーなど約100人が参加した。社会民主党の吉田忠智党首(参院議員)が招かれた。

昨年8月27日に立ち上げられた東アジア市民連帯は、戦後70年に向けて▼戦時の加害責任に対しての日本政府の真摯な謝罪と戦後補償問題の抜本的解決▼新しい民間レベルでの相互理解と歴史認識の共有化▼米国主導の安全保障からの脱却とアジア世界における共通の安全保障の確立▼日朝平壌宣言に基づき、国交正常化への努力▼北南共同宣言に基づく朝鮮半島の自主的平和統一を促進する活動などを展開している。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)