Facebook

SNSで共有

刻まれた加害と被害の記憶/山本宗補写真展

戦争の実相を未来の世代へ/“今こそ個人史に立ち返るべき”

40点の写真と証言が展示された。

40点の写真と証言が展示された。

「『戦後』はまだ…刻まれた加害と被害の記憶」写真展(主催=フィリピン元「慰安婦」支援ネット・三多摩)が1月23日から25日にかけて、武蔵野芸能劇場(東京・武蔵野市)で行われた。会場には、フォトジャーナリストの山本宗補さん(62)の写真集「『戦後』はまだ…刻まれた加害と被害の記憶」に掲載された作品70点の内40点と、「女たちの戦争と平和資料館(wam)」による戦時性暴力被害の実態を示すパネルが展示された。

山本さんは、8年にわたる取材を通して、満州・中国・シベリア、東南アジア、南洋・沖縄、本土の被害の歴史、加害の歴史を語る人々の姿と証言を記録した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)