公式アカウント

〈朝鮮大学校のいま―祖国と世界の高等教育発展とともに―〉②進む教育改革、ICT化と実用化の促進

2024年04月21日 08:00 民族教育

2026年に創立70周年を迎える朝鮮大学校。今日まで約1万8千人が同大を卒業し、在日同胞コミュニティの根幹を支える人材、同胞のバイタリティを多方面で知らしめる人材として活躍してきた。そんな同大では、どういった教育が行われているのか。近年、大学が進める教育改革に迫った。

学びと生活支えるICT化

教員は学内サーバー上で授業の出欠、成績などを管理。学生はシラバスも閲覧できる。(写真はすべて朝大提供)

情報通信技術のことを指すICT(Information and Communication Technology)。電子黒板やパソコンなどのデジタル機器を学校授業で活用することで、より良い教育の実現を目指し、教員の作業の効率化や学生たちの情報活用能力の向上を図るICT教育は、日本国内のみならず世界の教育現場で普及し続けている。

国際的に見ると、デンマークやオーストラリア、エストニアなどがICT教育先進国と言われている。例えば、コミュニケーションツールとして有名なSkypeが創業されたエストニアでは、国内にある全ての学校にパソコンとインターネット環境が整備され、批判的思考や問題解決能力、創造力、協調性などを育む目的でプログラミング教育も活発に行われているという。

各地の朝鮮学校では、同胞の支援や学校の努力などにより、児童や生徒が1人1台授業用タブレットを所有している学校も少なくないが、朝鮮大学校内ではICT化がどの程度進んでいるのだろうか―。

教育や生活面のICT化が進んでいる(写真は授業中の教員)

朝大・ICTセンター長の河民一教授によると、近年、同大でも情報化推進計画を打ち立て教育や生活面のICT化を進めてきた。河教授に、ここ数年で実現してきたICT化や、今後の取り組みについて聞いた。

ICT化実現のために、これまで朝大では有線での通信ネットワーク基盤を強化してきた。7年前には、学生からの要望もあり、学生寮内にWi₋Fiを設置するなど、研究棟や図書館をはじめ学生が生活で使用する場には全てWi₋Fiが設けられた。今後も、Wi₋Fiをはじめ学内LAN環境を継続的に強化していくという。

教職員たちが利用するポータルサイトも存在し、サイトを通じた学務の効率化を図る一方で、定期的に開催されるICTに関する学習会(教職員対象)などにより、大学スタッフたちの情報技術活用力の底上げを図っている。

一方、一昨年度末には図書館のデータベース化が実施され、図書館内にある全ての書籍がキーワード検索できるようになった。今後は館内にある小学習室の利用予約も可能になるという。大学内の図書館利用率も増加傾向にあり、学業・研究を後押ししている。一方で、履修登録などもスマホでかんたんに行える仕組みが備わっている。

教育や生活面のICT化が進んでいる(写真は授業中の学生たち)

河教授は「教育分野のDX(Digital Transformation=デジタル技術を活用し、組織的な業務プロセスやビジネスモデルを改革すること)やICT化が加速度的に進む中、われわれも時代の流れに乗って行く必要がある。全世界の様々な大学と比べても見劣りしない情報活用を朝大内で可能にするため、ICT化に注力してきた」とし、「24時間を大学内で過ごす学生たちの、学習や生活を手助けする大学内のICT化を、今後も促進していくつもりだ」と語った。

同大は創立70周年を迎える2026年度を中期目標とし、現在も様々な分野でICT化を進めている。

今年度には、学生たちが利用するポータルサイトの開設を5、6月頃に予定。現在は紙媒体で発行される学生証のIC化も遠からず導入予定だという。

資格取得、キャリアプランニングを支援

「現代サッカー概論」の授業の一環で行われたJFA公認C級コーチライセンス講習

これまで日本や海外のプロチームにとどまらず、国家代表として国際大会の舞台に立つ在日同胞アスリートを輩出してきた朝鮮大学校体育学部。近年、同学部では「同胞社会のスポーツ分野を牽引する人材育成」(宋修日学部長)を掲げながら、学部生たちが在学中に取得できる資格の充実化を図っている。

大学卒業後のキャリアプランニングのサポートとなるこの取り組み。本格化したのには訳があった。

体育学部の学生たちは、主にプロアスリートになりたいという志をもって入学する。しかし、そうした学生のうち、プロの夢を叶えられるのは「ほんの一握り」で、在学中、部活動に汗を流した学生アスリートたちの多くは卒業を控え、自分に「何ができるのか」「何がしたいのか」といった壁にぶつかる。選手としての自分に、強いアイデンティティを持つ学生ほどその悩みは大きく、同学部ではプロ選手以外の就職先、そして選手引退後の進路に対するキャリア対策が課題であった。

ジャパンサッカーカレッジの講師による『現代サッカー概論』授業

そこで注力したのが取得可能な資格の充実化だった。「日本の体育大学では一般的に、学部にそうしたカリキュラムがあり、学部時代に取得できるライセンスがある。同様にプロを目指す学生がいるからこそ、この取り組みを進めることで、プロになれなくても、コーチやチームスタッフとしての道が開けるし、取得した資格は、体育の教員になった場合にも活かせる」(宋学部長)。

体育学部では、本格的に準備を重ね、2021年度には公益財団法人日本スポーツ協会(JSPO)「公認指導者養成講習会・試験免除適応コース」の承認校として認定されるに至った。これにより、学生たちにとって学部のカリキュラム内で様々な日本国内のスポーツ資格を取得する道が開けた。また23年には、同学部のカリキュラムにある「現代サッカー概論」の授業の一環で、大学内で日本サッカー協会(JFA)公認C級コーチライセンス講習(主催=公益財団法人東京都サッカー協会)が行われ、16人の学生がC級ライセンス取得という実績を上げた。

日本障がい者サッカー連盟でインターンシップを行う体育学部の学生(右)

一方、インターンシップ事業にも取り組んでいる。昨年度の卒業生の中には、日本サッカー協会、日本障がい者サッカー連盟で1年間のインターンシップを経験し、プロではない新たな進路を見出した学生もいる。このような流れから、今年、同学部のカリキュラムには新たにキャリア教育を重視し、社会人としての基礎知識やマナーから就職面接対策までも丁寧に指導する「キャリア実践演習」という授業も開講した。

宋学部長は「体育学部の役目は同胞社会のスポーツ分野を牽引する人材を育てることだ。そのために今後もカリキュラムの整備を図り、同胞スポーツ人材を輩出するためのチャレンジを進めていきたい」と語った。

実践力育成へ、新科目

政治経済学部でも、学生たちの実践的な力を培うための各種取り組みが行われている。

同学部では、昨年1年間、「実践力、創造力、課題解決力」を備えた人材育成を目的に、教授陣が学部内の全授業およびカリキュラムの検討を行った。その際、真っ先に取り掛かったのが「現場の声」を知ることだ。検討にあたり、各地の専従活動家ら25人を対象に、「政治経済学部の卒業生たちが、社会人生活スタート後に不足傾向にあるもの、補強すべきもの」(政治経済学部・教務担当 文泰勝准教授)について対面・オンライン形式の聞き取り行った。そのうえで、「学部として目指す人材像を具体化していった」と文准教授。

「企画実践研究」の授業では、学部生たち自身が講師となり各地の朝高生たちに授業を教える

検討の末、政治経済学部のカリキュラムに、「実践力・創造力」を育成するための科目が新たに加わった。今回、新科目として登場したのは、「現代社会問題研究」、「企画実践研究」。また、初年度「基礎演習」科目には、朝鮮語スキルを向上させるための内容を取り入れた。

卒業後、各地の専従活動家、朝青指導員、法律家などの道へ進む同学部の卒業生たち。

「現代社会問題研究」は、同胞たちの権利問題などに取り組む際、必要となる行政文書の取り扱い方法、法律知識や、就職、結婚など「同胞サポート」のあらゆる場面で必要となる実生活にコミットしうる知識を蓄えることを目的としたもの。授業では厚生労働省が公表する統計など公的資料を主な参考資料に取り入れている。

外部講師による「企画実践研究」授業のようす

また「企画実践研究」は、各地の朝鮮高級学校で行われる行事や講習、社会授業を、学部生たち自身が講師や朝青指導員として担当し、朝高生を指導したり、各種フィールドワークを自らが組織・運営したりと、「実践力、創造力、課題解決力」を育てることに特化した科目だ。同科目では実施要項の作り方、人前での解説法、プレゼンテーション資料の作成法などを学ぶ。今後は、日本の大学とのゼミ間交流も計画中だという。

これらの授業は24年度から正式に同学部の新科目としてカリキュラムに加わった。また資格を力にして現場で活躍できるよう、学科を問わず希望制で行政書士資格取得のための演習・個別指導なども行われている。

文泰勝准教授は「大学創立70周年に向けて、昨今の社会的な教育の動向も加味しながら、2ヵ年計画でカリキュラムの整備を進めていく。引き続き学生のためのより良い教育の在り方を検討しながら更新していきたい」と意気込みを話した。

(韓賢珠、朴忠信、李紗蘭)

Facebook にシェア
LINEで送る