〈金正恩総書記の活動・2022年11月〉「核には核で」、断固たる意志誇示


新型ICBM試射を指導

18日に行われた新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星砲―17」型の試射は、「米国の対朝鮮敵視政策と核威嚇が根源的に清算されない限り、いかなる状況においても核武力強化の道から一歩も退かず、敵対勢力のあがきと攻勢が加増されるほどわれわれの自衛的核武力の質量的強化も加速するという朝鮮労働党の鉄の信念が誇示された歴史的壮挙」(労働新聞20日付政論)となった。金正恩総書記は試射を現地で指導し、敵対勢力の挑発に断固として対応する立場を改めて宣明した。

新型ICBM試射成功に寄与したメンバーと記念撮影する金正恩総書記(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ


あわせて読みたい