〈第19回ヘバラギCUP〉激闘の3日間、21チームの熱戦


横浜対東京第1の男子決勝戦(紺のユニフォームが東京第1)

「第19回ヘバラギCUP-在日朝鮮初級学校中央バスケットボール大会」(主催=在日本朝鮮人バスケットボール協会、主管=在日朝鮮学生初級部バスケットボール連盟)が8~10日にキッコーマンアリーナ(千葉県流山市)で行われた。栄冠を目指し、21チームによる熱戦が繰り広げられた。(文・全基一、写真・盧琴順)

横浜対東京第1/男子決勝

男子部門では8チームによるトーナメント戦で優勝を争った。決勝に進出したのは横浜と東京第1(A、以下東京第1)だった。

横浜は男子4人と同校女子2人の計6人で大会に臨んだ。大会初戦で、今大会の優勝候補である西東京第2を23-21で破ると、続く東京第4・第6合同との準決勝では、延長戦の末、49-46で勝利。決勝への切符を手にした。

今大会の優勝候補・西東京第2の対抗馬として注目された東京第1は初戦で埼玉に47-7、準決勝で名古屋に32-22と快勝し、決勝に進出した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ