全般的経済の上昇推移を維持/朝鮮中央通信が上半期を総括


朝鮮中央通信は3日、「党の経済政策を支える強固な実践力がもたらした貴重な結実」と題した記事を配信し、上半期に多くの経済部門で生産が成長し、全般的経済の上昇推移が維持されていると評価した。

同通信は、電力、石炭、化学工業部門をはじめとする多くの部門が科学技術を動力として生産性を高め、経済管理を改善するための活動が本格化したことで、今年の計画実現の確固たる保障がもたらされたと指摘。上半期に、茂山鉱山連合企業所、載寧鉱山、東平壌火力発電所、得将地区炭鉱連合企業所、祥原セメント連合企業所、安州ポンプ工場、文坪製錬所をはじめとする多くの単位で不利な条件下でも経済計画を完遂したと伝えた。

多くの単位で上半期の計画を完遂した。写真は茂山鉱山連合企業所(すべて労働新聞)

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ