〈春・夏・秋・冬〉朝鮮の統合基幹業務システム


統合経営情報システム「大安2.0」が朝鮮各地の工場、企業所に導入されている。統合経営情報システムとは、調達、生産、販売、物流、会計、人事といった企業のさまざまな基幹業務を統合的・一元的に管理し、経営の効率化を図るシステム。日本で言う統合基幹業務システムの朝鮮版と言える春夏秋冬

▼平壌化粧品工場、平壌キノコ工場、平壌小麦粉加工工場などこのシステムを導入した工場では、生産と経営活動において、20―30%の実利を得たという。金日成綜合大学経済学部経済情報研究所のキム・ソンチョル所長(59)をはじめとする研究集団が開発した

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ